丸善精機特長ページトップです。

精密工作機械・測定器・スプライン加工の機械商社株式会社 丸善精機

スタンダードスプラインの特長

機械的特性の向上
冷間転造加工のため、スプライン歯面の硬さが向上し、内部の組織はファイバーフローが歯形の輪郭に沿って生じ、歯元部の組織は極めて密となって疲労強さが増加し、機械的性質が向上します。
歯面は鏡面仕上

転造スプラインの歯面のあらさは、0.7µRmax以下の鏡面仕上となり、研削加工よりも良好な仕上面あらさとなっています。したがって、オス・メススプラインは、極めてスムーズな滑合状態が保たれます。

表面あらさ測定データ

歯形の特長
直線歯形であるため寸法管理が容易です。
スタンダードスプラインの歯形は、2枚またはそれ以上の歯をまたいだとき、その両歯面が平行となるような台形の直線歯形です。したがって、インボリュート歯形の場合と同様に、歯厚の寸法と、分割精度をマタギ歯厚によって管理することができます。
向心効果
オス・メススプラインが嵌合し、台形歯面によって夫々の中心が合致する機構ですから、インボリュートスプラインの場合と同じように、自動向心効果があり、開店部分に使用して、正確かつ円滑な運動伝達ができます。
すぐれた耐久性
JIS角形スプラインに比べて歯数が多いので、歯形の受圧面積が大きく、耐圧、耐摩耗性にすぐれています。
JIS角形スプラインに比べた例
形状1形状2

zumei

»スプラインシャフトについてはこちら

»スプライン軸受ついてはこちら

»スプライン軸受歯切加工ついてはこちら

ページ先頭へ